ガラージはオフィス家具の機能性とホーム家具のデザイン性を備えた、仕事場インテリアショップです。

カートを見る

0120-331-7539:00-17:30(土・日・祝日・当社休業日を除く)

  1. インテリア・オフィス家具通販 Garage(ガラージ)
  2. ワークチェア
  3. フォーサイト

Forsight(フォーサイト)

このシリーズの商品を一覧で見る

充実した機能を持つメッシュチェア。前傾姿勢のデスクワークに適しています。「チェアOC」「リオルガ」のZooey Chu氏によるデザイン。

  • 前傾機能を装備。ノートPCや筆記作業などのデスクワークに適しています。
  • メッシュ素材にもかかわらず、背中にフィットする曲面の背もたれを実現。
  • 座面奥行き、肘掛けの幅などワークチェアに求められる機能をほぼ全て搭載。
  • 価格:¥65,640~

デザイン:Zooey Chu / PLUS / 台湾製

FEATURES

フィット感のある背もたれをメッシュ素材で実現

特徴的なフレームは背もたれの曲面を実現するためのもの。メッシュ素材のチェアは平面的な背もたれになりやすいのですが、「フォーサイト」ではフレーム設計を工夫することにより背中にフィットする曲面を作り出しています。チェアOCと同じデザイナーによる製品で、座面を前傾させる機能を搭載している点もポイントです。

さらに座面の奥行きやランバーサポートの位置、肘掛けの幅等、ワークチェアに求められる調整機能をほぼ全て搭載。様々な調整機能を持ちつつも、その全てを座面に腰掛けたままの姿勢で直感的に操作できるよう、配慮された設計です。

背もたれを上から見たところ。メッシュがしっかりと曲線を描いているのが分かります。

背もたれは縦方向にもカーブして立体的な曲面を形成しています。メッシュをピンと貼るため、メッシュ素材では平面的な背もたれになりがちですがフォーサイトはフィット感のある背もたれを実現しました。

GALLERY

SPECIFICATIONS

1) シンクロロッキング

背のロッキング角度は最大25°の3段階固定。ゆったりとした後傾姿勢が可能です。

2) 座前傾ポジション

座面下、後部のレバーで座面を3°前傾できます。手作業やノートPC使用時に。

3) 座面高さ変更

座面の高さ調節が80mmの範囲で可能です。

4) 座面奥行き調節

座面の位置を前後40mmの範囲で調節できます。

5) ロッキング強さ調節

側面のダイヤルでロッキングの反発力の強さを調節できます。

6) ランバーサポート高さ調節

ランバーサポートの高さを72mmの範囲で調節できます。

7) ランバーサポート奥行き調節

ランバーサポートの奥行きを15mm調節できます。

8) ヘッドレスト高さ調節

ヘッドレストの高さを57mmの範囲で調節できます。

9) ヘッドレスト角度・奥行き調節

ヘッドレストの向きは42°、傾きを93°調節できます。

10) 肘高さ・奥行き調節

肘の高さを100mm、奥行きを50mm調節可能です。

11) 肘かけ幅調節

肘掛けの幅は35mm(片側)調節できます。

寸法図

ヘッドレスト付き

アジャスト肘付き
(ビニールレザー、クロス張り共通)

肘なし
(ビニールレザー、クロス張り共通)

バリエーション

ビニールレザーは3タイプ、クロス張りは2タイプのラインナップです。

ビニールレザー
ヘッドレスト付き

ビニールレザー
アジャスト肘付き

ビニールレザー
肘なし

クロス張り
アジャスト肘付き

クロス張り
肘なし

メッシュ:黒/白

ビニールレザー:黒/白

クロス張り:レッド/ブルー/ブラック

2WAYS OF SITTING

前傾姿勢と後傾姿勢

背骨のS字カーブを保ち、体の負担を軽減する座り方として大きく次の2つがあります。

前傾姿勢

〇 机の上で文字を書いたり手作業をしやすい
〇 離着席しやすい
× 長時間の姿勢維持が難しい
× 脚への負荷が大きい

背筋を立てた姿勢で使うチェアです。手元が近く、斜め下を向いた作業に向いています。

→フットワークの良さが必要な方、筆記や手作業が多い方に向いています。小さいサイズのノートPCもこちらの姿勢です。

【フォーサイトは前傾姿勢タイプです】

後傾姿勢

〇 長時間の姿勢維持が可能
〇 正面にある画面を見やすい
× 離着席しにくい
× 机の上で細かい手作業をしにくい

背もたれによりかかった状態で使うチェアです。自動車の運転席と同じで正面を見るのに適しています。

→PCを連続して長時間使う方に向いています。デスクトップPCや、画面の大きいノートPCなどに適しています。

曲面型クッションと平型クッション

クッションの作りにも、大きく分けて2つの方向性があります。背もたれのクッションも基本は座面と同じ考え方です。

曲面型クッション

クッションを体にフィットさせて体圧を分散させます。

〇 座ってすぐに体圧分散の効果を実感できる
〇 体にフィットする安心感がある
〇 姿勢が崩れにくい
× 時間の経過で姿勢が硬直しやすい
× 形状が体に合わないと効果が少ない

【フォーサイトはどちらかと言うと曲面型クッションですが、様々な体型に対応するためかなり平型クッションに近い作りとなっています】

平型クッション

クッションをあえて平らに作り、体を動かしやすくして体圧を分散させます。

〇 長時間座っても姿勢が硬直しにくい
〇 体とチェアが密着しないので開放感がある
〇 座る人をあまり選ばない
× クッションの反発感が強い
× 短時間では体圧分散効果を実感しにくい

DESIGNER

Designed by Zooey Chu

米国大手自動車メーカーGM社のカーシートデザインに従事した後、大手家具メーカーSteel Case社で、オフィスチェアのデザインを担当、世界的な評価を受ける。1996年には、米国HAWORTH社より自らの名前をつけた会議用チェア「ZOOEY CHU CHAIR」を発表。1997年、国内では初めてPLUSよりオフィスチェアのデザインを革新する「オーバルチェア(=チェアOC)」を発表。

LINE UP

ビニールレザー

[共通仕様]

背・座=樹脂成形品、アルミダイキャスト
クッション:背=メッシュ張り、座=モールドウレタン・ビニールレザー張り
脚:アルミダイキャスト、ナイロンキャスター
※ヘッドレストの後付けはできません。

クロス貼り

[共通仕様]

背・座=樹脂成形品、アルミダイキャスト
クッション:背=メッシュ張り、座=モールドウレタン・布張り(PET再生クロス)
脚:アルミダイキャスト、ナイロンキャスター
※ヘッドレストの後付けはできません。