ガラージはオフィス家具の機能性とホーム家具のデザイン性を備えた、仕事場インテリアショップです。

カートを見る

0120-331-7539:00-17:30(土・日・祝日・当社休業日を除く)

  1. インテリア・オフィス家具通販 Garage(ガラージ)
  2. ワークチェア
  3. リープ

リープは、「人の背骨の動きを真似る」世界初のチェア。
人体と「座る」ことの本質を見つめ直し、イスの常識を超えて「飛躍(Leap)」する革新的コンセプトから生まれました。

  • 背骨の上部と下部の独立した動きに合わせて背中全体をサポート。
  • 姿勢を変えるたびに、背もたれの形状が背骨を真似て変化します。
  • 後傾姿勢でも目線や手元の位置をキープ。快適に作業を続けられます。
  • オンラインショップ限定

製造:Steelcase

FEATURES

一人ひとり違う快適さをサポート

リープは、個人の体格も座ったときの姿勢も違うという単純な事実に着目し開発されました。
人の背骨の形は、指紋と同じように各人ごとに異なります。
人の座り方や椅子に座ったときの動きも微妙に異なります。
特許を取得したリープ独自のテクノロジーは、一人ひとり違う快適さとサポートを提供する最善の方法を見つけるためのリサーチから生まれました。

4年間に及ぶ研究がもたらした4つの発見

スチールケースは、働く人がどのように座っているのか、背中にどんな問題を抱えているのかを4年間に渡って綿密に調査。4つの大学と27人の専門家の協力を得て、11もの側面から研究を行い、723人のテスト被験者から貴重な回答を得ました。この調査研究から導かれた4つの大きな発見によって、リープチェアが生まれました。

1.背骨は、上部と下部では異なった動きをする。

背骨の上部と下部は互いに独立した異なった動きをします。実際チェアに座ってリクライニング姿勢を取るときに、背中の上部と下部は反対方向に動くため、背もたれと背骨の間に隙間ができてしまいます。

【結論】
チェアは背中の上部と下部の独立した動きに合わせてカタチを変えなければなりません。

2.背骨のカタチとその動きは一人ひとり異なる。

背骨の形は指紋と同じようにその人固有のものです。さらに言えば、この固有の形の背骨が1日の姿勢の変化に合わせて変わります。

【結論】
チェアの背もたれは個々人の背骨の動きや姿勢を真似ることが望ましい。背骨のカタチは一つとして同じものがありません。

3.背骨の上部と下部は、それぞれにあったサポートが必要。

背中の下部には、背骨の下部の自然なカーブを支え、維持するために小さくても一定した力が求められます。それに対し、背中の上部に必要な力は、リクライニング姿勢を取るにつれて大きくなります。

【結論】
背中の下部には、背骨の下部の自然なカーブを支え、維持するために小さくても一定した力が求められます。それに対し、背中の上部に必要な力は、リクライニング姿勢を取るにつれて大きくなります。

4.姿勢によって視野や手の位置は異なる。

机に向かって作業する場合には、本能的に作業対象を簡単に見て、手を伸ばすことができる姿勢を取ります。これがあなたの「視覚と作業の範囲」です。しかしリクライニング姿勢を取ると、この範囲から外れ、それを補うために目を細めたり、体を伸ばしたりすることになります。

【結論】
チェアは目や腕の位置を変えずにリクライニングできることが望ましい。

最先端の人間工学から生まれたリープテクノロジー

「ライブバック」機能。
リープの背もたれは、背骨全体を支えるように形状が変化します。こにより、背骨の上下の異なった動きを支え、背もたれが背中全体をしっかりサポート。

「ライブバック」機能により、姿勢を変えるたびに背もたれの形状が背骨を真似て変化し、その動きをサポート。
背中の下部がずり落ちたり、前かがみの姿勢になることが少なくなります。

背もたれの上部と下部はそれぞれに独立して調節が可能なため、リクライニング姿勢でも個々の体格にあった適切なサポートを実現。

背もたれが後傾するとシートが前方に滑るように移動する「ナチュラルグライドシステム。姿勢を変えても目線や手元の位置のズレが少なく、快適に作業を維持することが可能です。これにより、さらに多様な姿勢を取ることができ、背骨にかかる負担が減ります。

GALLERY

SPECIFICATIONS

熱コントロール

座面と背もたれのスラットおよび特殊素材を使用することにより、長時間座っていても熱や湿気がこもることがありません。

フレックスシートエッジ

前傾姿勢の際に座面の前方エッジが曲がり、大腿部への圧迫をやわらげますが、イスから飛びだすような感じはありません。

大径キャスター

直径75mmの大径キャスターの採用により、カーペットでも安定したスムーズな動きが得られます。

ライブバック・背下部変形強度調節

背もたれ下部の強度を独立して調節する事ができます形状が変化します。
背もたれ上部の調節と合わせ、背中の自然なカーブを適切に支えながら、快適にリクライニング姿勢をとる事ができます

ライブバック ・リクライニング強度調節

背もたれ上部の反力、および背もたれ下部の強度を独立して調節することができます。これにより、ユーザーの体格や好みの強さで背中の自然なカーブを適切に支えながら快適にリクライニング姿勢をとることができます。

リクライニング範囲調節

リクライニングの範囲を目的に応じて5段階に変える事ができます。

ガス式座面上下調節機構

座面裏の操作レバーで、座の高さが調節できます(上下範囲130mm)。また、座タックリング機構により着座時の衝撃が吸収されます。

座面奥行き調節

人それぞれに体格が違うため、座面の奥行きを調節することにより、体格が違っても、長期的に快適な座り心地を確保できます。

アジャスタブルアーム

上下ストローク100mmの動きに加え、肘上面が左右にスライド・首振りするアジャスタブル肘を採用。これにより、コンピュータ作業時などに生じる上腕・手首などの障害を軽減することができます。フルアジャスタブルアームは、軟らかい肘パッドの採用により快適性を大幅に向上させました。

寸法図

保証について

日本スチールケース株式会社による製品の保証期間です。
いずれも製品の取扱説明書に従った使用方法で、製造日より下記の期間において製造上の瑕疵(かし)について保証されます。

8年:座部、背部、肘掛部、脚部等の基本構造部材。
5年:いす本体可動部の機構、ウレタンフォーム。
3年:張り部材、塗装表面、可動肘の機構、上下ガスシリンダー、キャスター。

この保証は、日本スチールケース株式会社の正規販売代理店(※)を通じて購入し使用しているお客様についてのみ有効です。
また、上記期間中におきましても次の場合は有償修理となります。

- 災害等による偶発的に生じた被害。
- プラスチックや張り地の経年変化による褪色。
- 改造や分解をされた製品。
- 過度の負荷がかかったことによる故障。

※ガラージは日本スチールケース株式会社の正規販売代理店を通じて販売しております。

Steelcase(スチールケース)

業界をリードする世界最大のオフィス家具メーカー

スチールケースは1912年、米国ミシガン州で創業したオフィス家具メーカーです。創業当初はファイル用キャビネットと金庫を専門に扱っていました。現在では欧米で圧倒的シェアを誇る業界最大の企業であり、世界各国に30箇所以上の製造拠点を保有しています。

オフィス家具の総合メーカーとして500以上のラインナップを持ち、業界最多の製品を提供しています。中でも、その優れた研究開発力によって生みだされるワークチェアは特に高い評価を得ています。

LINE UP

チェア

[共通仕様]

●素材:背=強化樹脂、スチールワイヤー、クロス張り 座=ウレタンフォーム、クロス張り 肘=インテグラル・スキンモールド 脚=スチール、樹脂カバー付き
●キャスター:ナイロンキャスター
 ■座ガス圧上下昇降  ■背座角シンクロロッキング調節
 ■ロッキング強弱調節 ■座奥行き調節
 ■肘高さ/回転調節

オプション