vol.22 梅雨でも快適に!おうち時間の過ごし方&お役立ちアイテム特集

コラム019

雨の日が多く出かけるのが憂鬱になりがちな梅雨の時期。出かけるのが億劫な時は、おうち時間を目一杯楽しむチャンスでもあります。
おうち時間を充実させるために、普段は忙しくてなかなかできないことに挑戦してみるのもおすすめ。
雨の日も気分を上げてくれる家での過ごし方や、役に立つアイテムをご紹介します。

01. 梅雨のおうち時間の過ごし方

いつもより料理にこだわる

家にいる時間が長くなる梅雨は、普段はあまり料理をしない方も、料理レシピの動画配信サービスやSNSなどを参考に、料理に挑戦してみてはいかがでしょうか?
簡単で美味しいレシピが毎日配信されている「クラシル」や、1分ほどの料理動画で作り方が簡単にわかる「DELISH KITCHEN」などは料理初心者でも利用しやすくおすすめです。

いつも料理をしている方にとっても、作ったことがないレシピやひと手間かかるレシピに挑戦する良い機会。
例えば、味噌やヨーグルト・塩麹などの発酵食は、蒸し暑くなり体調を崩しがちな梅雨にもぴったり。常備しておくといろいろな料理に使えるので便利です。

遊びを楽しむ

オンラインゲーム

インターネット環境があればスマホやゲーム機・パソコンなど、いろいろな媒体で楽しめるオンラインゲーム。対戦ゲーム、パズルゲームなど種類も様々です。時間を贅沢に使って1人で極めるのも醍醐味ですが、別々の場所にいながらも友人とつながり、一緒に楽しめるのもオンラインゲームならではのメリット。
「あつまれ どうぶつの森」や「モンスターハンター」など、同じゲーム機とソフトを持っていれば、一緒に遊ぶことができるものや、「Fortnite」や「APEX」など、異なるゲーム機でも一緒に遊ぶ”クロスプレイ”に対応したものもあります。

ボードゲーム

多種多様なゲームがあるボードゲームは、難易度やルールの複雑性もさまざま。大人から子どもまで一緒に遊べるものを選べば、家族みんなで楽しめます。オセロや将棋、麻雀や「人生ゲーム」などが良く知られていますが、「他のボードゲームでも遊んでみたい!」という方は「ザ・マインド」や「6ニムト」「犯人は踊る」「ラブレター」など、シンプルなルールで楽しめるものがおすすめです。

オンライン×ボードゲーム

一般的にリアルの場で集まって遊ぶボードゲームですが、様々な種類のゲームをオンラインで遊べるサービス(Board Game Arena)もあります。囲碁やこいこい、チェスなどのクラシックなものをはじめ、定番ゲームを楽しめます。また、特定のボードゲームで遊べるサイトもあるので、お目当てのゲームが決まっている場合には、ゲーム名で検索してみましょう。

梅雨の時期こそおうちケア

家での時間が快適になるように、普段より丁寧に室内の掃除をしたり、災害対策を見直したりしてみましょう。

湿気が多い梅雨の時期だからこそ、湿気が溜まりにくい部屋にしたいもの。窓の前には家具を置かないようにし、ひとつひとつの家具の間にはある程度のスペースを確保すると空気の流れがよくなり効率的に換気できます。
また、部屋のスペースや窓のサイズに対して背が高い家具が多すぎる場合、風が通らず湿気がこもりやすくなる原因に。部屋のサイズと必要な家具を見直し、レイアウトを考えてみてください。

近年は雨による災害も増えているため、台風や大雨による水害に備えて、PC機器や家電は安全な場所に移動させやすいように設置しておくと、もしもの時も安心です。災害グッズや備蓄品もチェックし、不足がないように整えておきましょう。ハザードマップを確認し、水害時の危険箇所や避難場所を家族全員で把握しておくのも大切です。

02. 梅雨の仕事場をちょっと快適に♪

通勤や、室内にいても感じる湿度の高さなど、憂鬱に感じがちな雨の日の仕事も、ちょっとした工夫やアイテムで前向きに楽しみましょう!

「バッグ」の工夫で梅雨の通勤をサポート

大切な書類やノートPCは雨の日も安全に持ち運びしたいですよね。撥水性がある素材や防水素材を使ったバッグなら、梅雨の通勤の強い味方になってくれます。

防水対応で軽量な「ispack(イスパック)」のリュックは、突然の雨でも中身を守ってくれます。そのうえ、椅子になり座れるので、ビジネスに限らずアウトドアや旅行など、様々なシーンで大活躍です。

玄関周りをおしゃれに、快適に

梅雨の時期、濡れた荷物をストレスなく置けるように玄関を見直すのもおすすめ。傘立てのほか、荷物や上着の一時置きとしてコートハンガーもあると乾かしてから室内に持ち込めて便利です。
1281シリーズは木目×スチールの目を引くデザイン。置くだけで空間をおしゃれに演出してくれます。

スタイリッシュな傘立てにベンチが一体となったアンブレラスタンドベンチは、玄関はもちろん、収納や見せるインテリアとしてもおすすめです。最大25本の傘が収納でき、座面下にも収納スペースがあります。座って靴を履いたり、荷物置きやディスプレイに使ったりと、用途を限らずアレンジ自在です。

スチールの素材感とエルム(楡)無垢材の組み合わせが印象的なコートハンガーは、シンプルながらデザイン性が高く、玄関や会議室など、来客用としてもおすすめ。高さが176cmあるので、ロングコートや男性物のジャケットも余裕をもって掛けられます。木の座面と座面下の収納スペースは、荷物を置くだけでなく、アレンジを楽しむのも◎

濡れたジャケットの置き場を確保

濡れてしまったジャケットは、そのまま放っておくと嫌な匂いやカビが発生してしまいます。だからといって、オフィスチェアの背もたれに掛けると型崩れの原因になる可能性も。
オフィスチェアの中には、ジャケットをきれいに掛けられるハンガーをオプションで付けられるものがあります。チェアを選ぶ際に座り心地やデザイン以外にも、あらかじめオプション品があるかどうかチェックして、生活スタイルに合ったものを選ぶのもおすすめです。

デスク周りにこだわりの雑貨を

梅雨時の鬱々とした気分を明るくするには、お気に入りの雑貨やインテリアも有効。ちょっとしたアイテムでも、気分転換に役立ち、集中しやすい環境づくりができます。目に入るだけで気持ちが明るくなるカラフルなアイテムや、スタイリッシュなアイテムをデスクに周りに置いてみましょう。

ペンやハンコ、はさみなどの文房具を収納できるDULTON(ダルトン)のデスクオーガナイザー。デスクがすっきり片付きます。下部のスライド式トレーは、充電コードを隠しておくにもぴったりです。

ライトと木製丸テーブルが付いたシンプルなセット。デスクランプとしてだけでなく、ベッドサイドやソファ横などマルチに使えて、梅雨時の暗くなりがちな部屋をおしゃれに照らしてくれます。

書類や小物の収納に便利なDULTON(ダルトン)の「D.M.Sガレージ」。普通の収納ボックスとは一線を画すおしゃれなデザインで、カラー展開も豊富です。4段までスタッキングでき、両側のハンドルで持ち運びも簡単で頑丈さがポイントです。

梅雨の時期を快適に過ごせるアイデアやアイテムをご紹介しました。外に出られないことをポジティブに捉えて、お気に入りのアイテムに囲まれて自分なりの時間を楽しめば、梅雨の景色も違って見えそうですね。

次回もお楽しみに!

\ この記事をシェアする /

この記事を読んだ人におすすめ